Nohohoの名前は、毎年シチ(節祭)というお祭りの際に西表島を訪れる「オホホおじぃ」と呼ばれる伝説上の人物に由来しています。オホホおじぃは17世紀の西洋の船乗りと共通点があり、八重山諸島の豊かな歴史とヨーロッパの貿易船の古い航路上の八重山諸島の位置付けを反映しています。オホホおじぃは島の人々にお金を与えますが、言葉を話すことはできなく、人々とコミュニケーションをとることもできません。結局、彼が不幸になってしまい、そのまま島から離れます。

Nohohoはオホホおじぃの名前と「No」とを組み合わせ、オホホおじぃとは反対のことを目指しています。つまり、現地の沖縄県民や社会と旅行者の間を橋渡しし、現地のビジネスチャンスを増やし、旅行者が沖縄の体験をもっと楽しめるようにすることです。