Nohoho’s Vision

沖縄と八重山諸島の美しさと真心を伝える。
Conveying the beauty and true spirit of the Yaeyama Islands and Okinawa.

Our Services
About

Nohoho

Nohoho

Our Name

Nohohoの名前は、毎年シチ(節祭)というお祭りの際に西表島を訪れる「オホホおじぃ」と呼ばれる伝説上の人物に由来しています。オホホおじぃは17世紀の西洋の船乗りと共通点があり、八重山諸島の豊かな歴史とヨーロッパの貿易船の古い航路上の八重山諸島の位置付けを反映しています。オホホおじぃは島の人々にお金を与えますが、言葉を話すことはできなく、人々とコミュニケーションをとることもできません。結局、彼が不幸になってしまい、そのまま島から離れます。

Nohohoはオホホおじぃの名前と「No」とを組み合わせ、オホホおじぃとは反対のことを目指しています。つまり、現地の沖縄県民や社会と旅行者の間を橋渡しし、現地のビジネスチャンスを増やし、旅行者が沖縄の体験をもっと楽しめるようにすることです。

Nohoho

Introduction

オランダ生まれ育ちのファンライン・エリックは、17年以上日本に滞在しています。オランダ・エラスムス大学経済学部現代日本学の理学修士と早稲田大学アジア太平洋研究科国際関係学の文学修士の学位を持ち、オランダ、ドイツ及び日本の国際企業でコンサルティング、財務、管理企画、経営及び広報の分野で業務に従事してきました。

ヨーロッパ、北米及び日本を含むアジアを旅行し、2006年に初めて沖縄を訪れて以来、頻繁に沖縄を訪問していました。2016年末沖縄県石垣市に移転し、Nohohoを設立し、活動を始めました。

News